Colin Waeghe/Exhibition: THE VOID IN THE CLOSET / POSTCARDS FROM TERAMACHI 2-3-4

170218colinCAAK & Kapo Creator in Residence
Colin Waeghe/Exhibition: THE VOID IN THE CLOSET / POSTCARDS FROM TERAMACHI 2-3-4
コリン・ウェッヒ/展覧会「押入の空間/寺町2-3-4からの絵葉書」

開場:2017年2月18日(土)/19日(日)/ 24日(金)/25日(土)/26日(日)
時間:14:00 – 18:00
*20日(月) – 23日(木)に来場希望の方は事前にご連絡ください。
*入場無料
☆オープニングパーティ: 2月18日(土)14:00 – 17:30(参加無料)

[お問い合わせ]
コンタクトフォーム

[アーティストについて]
コリン・ウェッヒの作品の特徴は、作家自身の自伝的要素に、ニュースで伝え聞く話の断片や一般的なメディアから引用したイメージが混じり合うことにある。
自身に影響を与える様々なリアリティについて、それぞれに異なる見方で自らの物語を描き出す。
彼がつくる作品の数々は自身が経験した様々な事柄の入り口であり、彼の制作のコンセプトはその多様性にある。
ウェッヒの制作背景の説明として分かりやすい例をあげる。彼はしばしば小さい絵筆を用いて巨大なキャンバスに描く。彼の絵はパラパラとした染みのような タッチが特徴である。これは彼がどのように世界を見つめているかを反映している。留まって動きがない存在としてではなく、振動する分子のように変わり続け る事象として、彼はこの世界を見つめるのだ。

コリン・ウェッヒ
1980年生まれ。ベルギー・ブリュッセルとドイツ・ライプツィヒ在住。
セイント・ルーカス大学(ブリュッセル)、Single/PoPok(アントワープ)、HISK(ベルギー・ゲント市)で舞台芸術や美術を学ぶ。Gallery Zwart Huis (クノック/ブリュッセル)所属。
Website: www.colinwaeghe.be

[展覧会について]
展覧会「押入の空間/寺町2-3-4からの絵葉書」では、過去のシリーズ《隠遁者の夢》を展開する。金沢滞在中の2ヶ月間、日本の古い町家に住み、新し いシリーズを始めるきっかけとして、町家の環境をテーマにすることにした。日常のありふれた物に着目し、小さな事象をより大きな事象へ掬い上げること試み る。

ウェッヒはCAAK & Kapo Creator in Residenceの参加作家として2017年1月から金沢で滞在制作を行なった。

 

Exhibition Title:
THE VOID IN THE CLOSET / POSTCARDS FROM TERAMACHI 2-3-4

CAAK & Kapo Creator in Residence / Artist: Colin Waeghe

Open on: Sat. 18/Sun. 19/ Fri. 24/Sat. 25/Sun. 26
Open hours: 14:00pm – 18:00pm
*Mon. 20 – Thu. 23: The public are welcome to make an appointment to visit.

☆Opening party: 14:00pm – 17:30pm / 18. Feb. 2017

[Inquiry]
Contact form

Text about the artist:
Colin Waeghe’s work is characterized by a mixture of autobiographical elements, fragments from the news and images taken from popular media. The artist paints his story via different perspectives on realities that have affected him. His works are portals of his experiences without an instruction manual at hand. The concept in his work is diverse.

Because of Waeghe’s illustrative background, he often works with a small paintbrush on a large canvas. As a result, he has distinctive spatter or stain effect. This is a reflection of how he looks at the world: not as a stagnant existence, but as every-changing matter like vibrating molecules.

Colin Waeghe(1980) lives and works in Brussels(Belgium) and Leipzig(Germany). He studied at Saint Lukas College (experimental workshop) in Brussels, at PoPok (stage design) in the Singel in Antwerp, and finally at the HISK (Institute of Fine Art) in Ghent.
In Belgium he is represented by Gallery Zwart Huis (Knokke/Brussels).
Website: www.colinwaeghe.be

Text about the exhibition:
For the exhibition ‘ The void in the closet / Postcards from Teramachi 2-3-4’ Colin Waeghe continued where he left off with the series ‘A hermit’s dream’. Living alone for two months in an old Japanese house, he decided to use his surroundings as the starting point of a new series. By focusing on daily banal artifacts, he tries to lift them from their small microcosm into a larger macro world.